Pythonエンジニアの活躍場面

数多くのプログラミング言語の中でも注目度が高い言語がPython(パイソン)です。Pythonはアメリカを中心に国外ではメジャーな言語になりつつありますが、日本ではまだ利用者が多いと言えません。そんなPythonエンジニアには、今後どのような活躍場面が期待できるのでしょうか。

まず、既に説明したようにPythonは国外では人気の言語で、特にIT先進国アメリカでは不動の人気を誇っています。例えばGoogleやDropbox、Instagramなどの大手企業で開発実績があります。つまり、Pythonエンジニアならアメリカを中心に海外で活躍できる可能性が高いのです。
また、人工知能やビッグデータなどの注目分野での活躍も予想されます。Pythonは人口知能の開発に必要な機械学習に向いていますし、データを分析するための統計分析ソフトの開発にも向いています。統計分析の分野で実績を積めば、データサイエンティストへ活躍の場を移すことも不可能ではありません。
また、Webアプリケーションの開発やゲーム開発、医療関連機器の開発などでも活躍が予想されます。機械学習や統計分析に強いという点に焦点が当てられがちですが、Pythonは汎用性の高さや他の言語との連携機能も魅力です。ですから、幅広い分野において活躍できるでしょう。

現段階でPythonエンジニアの求人は多いと言えませんが、日本でも徐々に広がりつつあり、将来活躍が期待できる言語の1つです。習得難易度も高くはないので、覚えておいても損はありません。
興味ができた人はPythonエンジニアとして活躍する方法など、より詳しいPythonに関する情報を集めてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です